最近の記事

2010年01月04日

米SF大作『アバター』、世界興収10億ドルを突破 史上最速


米SF大作『アバター』、世界興収10億ドルを突破 史上最速
2010年01月04日 10:21 発信地:ロサンゼルス/米国

クリッピングする拡大写真を見る写真をブログに利用する米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)で行われた米映画『アバター(Avatar)』の試写会会場に置かれたポスターと3Dメガネの回収箱(2009年12月17日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Frazer Harrison
関連写真1/1ページ全1枚




スライドショーを見る【1月4日 AFP】最新3D技術を駆使した映像が話題の米SF映画『アバター(Avatar)』が、史上最速記録となる公開後わずか17日で、世界興行収入10億ドル(約930億円)を達成した。

 映画興行成績を調査する「Exhibitor Relations」のチャド・ハーティガン(Chad Hartigan)氏によると、『アバター』の興収は3日付で北米で3億5200万ドル、海外で6億7000万ドルを達成。合計で10億ドルを突破した。

 歴代興収記録では現在のところ3位だが、この勢いが続けば、第1位の『タイタニック』、同2位の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(The Lord of the Rings: The Return of the King)』を抜いてトップとなることはほぼ確実と同氏は予測している。

『アバター』は『タイタニック(Titanic)』のジェームズ・キャメロン(James Camerons)監督の最新作で、20世紀フォックス(20th Century Fox)が史上最高の5億ドル(約460円)を投じて制作した大作。(c)AFP

すごい記録です


posted by 八方美人 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

スウェーデン閣僚、EU理事会に赤ちゃん連れて「出勤」


【12月1日 AFP】ベルギーのブリュッセル(Brussels)で11月30日に開かれた欧州連合(EU)の司法・内務相理事会(Justice and Home Affairs Council)で、スウェーデンのトビアス・ビルストローム(Tobias Billstroem)移民難民政策担当相(35)が生後8か月の娘を連れて「出勤」し、なごやかな雰囲気を生み出したことが話題になっている。

 ビルストローム氏の娘トーン(Tone)ちゃんは、難民の権利擁護や人身売買撲滅の取り組みを話し合うEU会合の議場に、父親の腕に抱かれてそっと連れ込まれた。

 トーンちゃんは、公用車から降りた時点ですでに人気者になっていた。父親のビルストローム氏を待っていた記者たちもトーンちゃんにすっかり目を奪われた様子で、ビルストローム氏は「君たちはわたしを取材しに来たんでしょ」と訴えた。

 スウェーデンの報道官によれば、「ビルストローム氏は家族と一緒にすごす時間をもう少し増やしたい」のだという。ブリュッセルへの出張には妻と娘が同行しているが、「(妻と娘の)渡航費用は自腹で支払っている」とのこと。

 スウェーデンは現在、持ち回りでEUの議長国を務めており、ビルストローム氏は理事会の議長を務めた。(c)AFP
posted by 八方美人 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

住宅火災、焼け跡から2人の遺体 福岡・早良区


 早良署などによると、住宅にいた女性と隣の家に住む女性も手などにやけどを負ったが、命に別条はないという。搬送された隣家の女性は「パチパチという音で目が覚め、外を見たら、すごい勢いで火が上がっていた。燃え移らないように自分の家に水をかけるなどしていたが、あまりにも熱くてやけどした」と話していた。

怖い事件です
posted by 八方美人 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

18歳が成人になった時、何が起きるか


 「20歳未満」は禁止されている酒やたばこ、「未成年」は購入できない馬券、車券などのギャンブル系等が可能になり、自己責任でのトラブルが増加しそうですね

posted by 八方美人 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

ダビング10解除ソフト販売容疑で逮捕 愛媛、全国初


 テレビのデジタル放送のコピーを10回までに制限する「ダビング10」などを解除できるソフトを販売したとして、愛媛県警は25日、長野県佐久市岩村田の電機メーカー社員増村哲哉容疑者(39)を著作権法違反の疑いで逮捕した。県警によると、ダビング10を解除する違法ソフトの摘発は全国で初めて。ソフトがどのように開発されたか調べる。
どこにでも悪い人はいるものです
posted by 八方美人 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高脂肪・高糖分のジャンクフードに精神安定や抗うつ作用、豪研究


【11月25日 AFP】高脂肪で糖分の高い食事は脳内の化学物質に対して精神安定剤と同じ効果をもたらすとの研究報告を、オーストラリアの科学者らが24日、発表した。「ホッとする食べ物」を求めてしまう気持ちに科学的な根拠が与えられた形だ。

 研究チームを率いるマーガレット・モリス(Margaret Morris)氏によれば、強いストレスにさらされた場合に、おいしい物を食べることで不安感が軽減されることが明らかになったという。

 モリス氏率いるニューサウスウエールズ大学(University of New South Wales)の研究チームは、幼少期に強いストレスを与えられて抑うつ的、または不安にかられた行動をとるようになったラットに対して比較試験を実施。2つのグループに分けたラットの一方のグループに健康的な食事を与え、もう一方のグループにはケーキやパイなど高脂肪の食料やジャンクフードを「食べ放題」で与えた。

 その後ストレス下に置く実験を行ったところ、ジャンクフードを与えたグループのラットは抗うつ剤を与えたラットと同様の反応を示したという。モリス氏は、「脳内のストレスホルモンの受容体における障害が、ジャンクフードを食べたことで回復されていた」と説明した。

 しかし、モリス氏はジャンクフードをどんどん食べるべきと結論づけるのは早急だと語る。モリス氏は、「ジャンクフードは健康的ではない」ので、さらに研究を進めて「効果をもたらしたきっかけを発見」したいとし、「そうしたら全員が肥満にならないで済むから」と語った。(c)AFP
posted by 八方美人 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

日本、キューバに完敗もメダル確定 グラチャンバレー


【11月22日 AFP】(記事更新、写真追加)バレーボール、グランドチャンピオンズカップ(FIVB Grand Champions Cup 2009)男子第4日、日本対キューバ。日本はセットカウント0-3(19-25、20-25、22-25)で敗れ、通算成績を3勝1敗とした。

 大会4日目を終え、エジプトをセットカウント3-0(25-21、25-22、25-22)で下して4戦全勝のブラジル、ともに3勝1敗のキューバと日本の3位以内が確定した。

 日本は23日の最終戦でブラジルと対戦する。(c)AFP
posted by 八方美人 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

タミフル耐性のH1N1ウイルスがヒトからヒトに感染か、確認されれば世界初 英保健当局


【11月21日 AFP】英保健当局は20日、薬剤耐性のある新型インフルエンザA型(H1N1)ウイルスがヒトからヒトに感染したとみられる症例を調査していると発表した。確認されれば世界で初めてのケースとなる。

 ウェールズ(Wales)の保健当局によると、同地の病院で5人から治療薬タミフル(Tamiflu)に耐性を持つH1N1ウイルスが見つかり、うち3人は院内感染したとみられるという。

 これとは別に英健康保護局(Health Protection Agency、HPA)も声明を出し、「詳しい調査を行っている最中だが、オセルタミビル(oseltamivir、タミフルの一般名)に耐性を持つH1N1ウイルスが感染したものと思われる」と発表した。

 英健康保険局によるとこれまでに世界でタミフルに耐性を持つH1N1ウイルスは約60例報告されているが、その中にヒトからヒトに感染したケースはなく、ウェールズの例が確認されれば世界で初めての可能性がある。

 英健康保険局は感染した5人はいずれも重い基礎疾患があり、ウェールズ最大の都市カーディフ(Cardiff)のウェールズ大学病院(University Hospital of Wales)で、別の治療薬リレンザ(Relenza)の投与を受けている。リレンザの効果は出ているという。

 2人は回復しすでに退院した。入院を続けている3人のうち1人は集中治療を受けているという。薬剤耐性のあるウイルスの病原性は薬剤耐性のないウイルスと同程度で、危険性は低いとしている。

 英国は欧州で最も新型インフルエンザの影響を受けた国でこれまでに約71万5000人が発症し、約100人が死亡している。世界保健機関(World Health Organization、WHO)の最新のデータによると、今年4月にメキシコと米国で初めて発見されて以降、これまでに世界で新型インフルエンザによって約6750人が死亡している。(c)AFP

こわいですよね
posted by 八方美人 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

「三愛」の2010年水着コレクション、イメージガールは菜々緒さん


都内で17日、水着販売の三愛(Sanai)の2010年水着コレクションショーがあり、2010年の水着イメージガールに選ばれたモデルの菜々緒(Nanao)さんらが、新作水着を披露した。写真は、菜々緒さん(2009年11月17日撮影)。(c)AFP/Yoshikazu TSUNO
posted by 八方美人 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

「父親はセックスしないと死んでしまう病気」、55歳男が父子役演じ20人と性行為


【11月16日 AFP】55歳の台湾人の男が、ハンサムな若い男性とその父親の1人2役をこなし、女性20人をだまして性行為に及んでいた。台湾の英字日刊紙チャイナポスト(China Post)が16日、報じた。

 14日に逮捕されたHsu Shian-ming容疑者は、インターネット上に若くハンサムな男性モデルの写真を「自分の写真」として掲載し、交際を希望する複数の女性たちからの連絡を受けていた。

 同容疑者は女性たちに、電話口で、自分には絶えずセックスをしていないと死んでしまう病気の父親がいると語り、父親を救うために必要なことをするよう、甘い言葉をささやいて頼んだ。

 女性たちはその後、台北(Taipei)市内のホテルで「父親」と称するHsu容疑者に会ったという。

 「息子」本人に会えないことを不審に思った被害女性の1人が、私立探偵に調査を依頼したことで真実が明らかとなり、警察が捜査に乗り出したという。(c)AFP
posted by 八方美人 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

金妍児が女子シングル優勝 村主は4位、フィギュアGP第5戦


【11月16日 AFP】(記事更新、写真追加)09-10フィギュアスケートGPシリーズ第5戦スケート・アメリカ(Skate America 2009)女子シングル・フリースケーティング(FS)。ショートプログラム(SP)で首位につけた韓国の金妍児(Yu-Na Kim、キム・ヨナ)が、FSで2位となる111.70点を記録し、合計187.98点で優勝した。

 FSで首位となる116.11点を記録した米国のレイチェル・フラット(Rachael Flatt)が合計174.91点で2位に、合計159.03点を記録したハンガリーのユリア・シェベシュチェン(Julia Sebestyen)が3位に入った。

 SPで4位につけた村主章枝(Fumie Suguri)は、合計148.99点で4位だった。

■女子シングル総合順位(FS+SP)

首位:金妍児(韓国) - 187.98点
2位:レイチェル・フラット(米国) - 174.91点
3位:ユリア・シェベシュチェン(ハンガリー) - 159.03点
4位:村主章枝(日本) - 148.99点
5位:エレーナ・グレボワ(Elena Glebova、エストニア) - 148.71点

(c)AFP
posted by 八方美人 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

南米チリ、各候補を悩ませるたった2秒の政見放送


【11月14日 AFP】選挙のたびに美辞麗句を延々と述べ立てるだけの政見放送にうんざりした有権者にとって、南米のチリは天国だろう。12月13日に総選挙が行われるチリの政見放送で、無所属候補者に割り当てられた持ち時間はわずか2秒なのだ。

 無所属で出馬するトーマス・ディアス(Tomas Diaz)候補は、自分のフルネームを言うことを止めて、時間を節約。「トーマスです。わたしの選挙活動で最も重要なことは・・・」とまで語ったところで制限時間となった。

 チリで軍政を敷いた故アウグスト・ピノチェト(Augusto Pinochet)元大統領の孫にあたるロドリゴ・ガルシア・ピノチェト(Rodrigo Garcia Pinochet)候補は、異なる戦略を試みた。無音のテレビ画面に、自身と母親、そしてピノチェト元大統領の写真を流すだけというものだ。

 政見放送で無所属候補の持ち時間が2秒しかないのは、前回の選挙での各政党および無所属の獲得議席に基づいて時間が割り振られているからだ。

 こうした不運な政治家や候補者たちにとっては、1997年の選挙で、政見放送では自分の名前を言い終えられずとも当選を果たしたローザ・ゴンザレス(Rosa Gonzalez)氏や、「雇用!雇用!雇用!」と叫ぶだけの政見放送で当選したサミュエル・ベラスコ(Samuel Velasco)氏らの例が、わずかながらも慰めとなるだろう。(c)AFP

2秒はきついですね
posted by 八方美人 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

放射線浴びたラット、幹細胞移植で記憶能力回復 脳腫瘍治療へ応用も


【11月13日 AFP】放射線を照射されたラットに幹細胞を移植して、記憶能力を回復させることに成功したという論文が今週、米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に掲載された。脳腫瘍(しゅよう)の放射線治療で記憶障害が起きた人の治療に応用できる可能性がある。

 論文を発表した米カリフォルニア大学アーバイン校(University of California at Irvine)の研究チームによると、放射線治療を受けたラットの頭に幹細胞を移植したところ、放射線治療から4か月以内に記憶能力が回復したという。一方、幹細胞の移植を受けなかったラットは認知機能が50%以上損なわれた。

 放射線治療を受けた患者は何らかの記憶障害が起き、生活に悪影響が出ることもある。研究チームは、放射線でダメージを受けた脳の組織を幹細胞を使って回復させることが可能なことが初めて示されたとして、移植した幹細胞がラットの認知機能を改善したメカニズムを調べている。(c)AFP
posted by 八方美人 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

英ベビーカーに子どもの「指先切断」の危険性、米当局が100万台リコール


【11月10日 AFP】米当局は9日、英ベビーカー・ブランド「マクラーレン(Maclaren)」のベビーカーに、子どもの「指先を切断する」危険性があるとして、同社のベビーカー約100万台のリコールを発表した。

 米消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission、CPSC)は、声明で「消費者は、指示がある場合を除いて、リコール製品の使用をただちに中止すべき」と発表した。

 CPSCによると、中国で製造されているちょうつがい部分が「ベビーカーを折りたたんだり広げたりする際に、子どもの指先の切断と裂傷をもたらす危険性がある」という。

 CPSCは、米国内で、ベビーカーのちょうつがいに子どもが指を置いたとの報告を15件、指先が切断されたとの報告を12件受けた。

 リコールは、マクラーレンの1人用、2人用の折り畳み式ベビーカーの全製品を対象としている。

 リコール対象のベビーカーには「Maclaren」とプリントされており、ヴォロー(Volo)、トライアンフ(Triumph)、クエストスポーツ(Quest Sport)、クエストモッド(Quest Mod)、テクノXT(Techno XT)、TechnoXLR、ツイントライアンフ(Twin Triumph)、Twin Techno、Easy Travellerなどの製品モデルを含む。1999年から2009年にかけて、約100−360ドル(約9000−32000円)で販売された。(c)AFP

非常に怖いです
posted by 八方美人 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

縁組1年のパンダ、繁殖への期待に戸惑い気味? 台湾


【11月9日 AFP】中国から贈られた台湾初のカップルのジャイアントパンダ、団団(トアントアン、Tuan Tuan)と円円(ユエンユエン、Yuan Yuan)を飼育している台北動物園(Taipei Zoo)は8日、2頭に早く子どもを作らせようと中国から専門家を招いた。出産までには少なくともまだ1年はかかる見通しだ。

 団団と円円は同動物園に来て約1年になるが、これまで性的欲求をほとんど見せたことがない。動物園では、中国四川(Sichuan)省にある臥龍(Wolong)パンダ保護研究センターから繁殖の専門家、張和民(Zhang Hemin)所長を招き、2頭の性生活に関するアドバイスを受けた。

 帳氏は、2頭を数か月間、別々の飼育舎に離して禁欲的な環境におき、その反動で性欲を誘うようにと助言した。この方法が成功すれば2011年春に交尾し、同年夏には出産の可能性があるという。

 動物園ではまた、交尾で使う後ろ足の筋肉を強化するために、2本足で立つ訓練も行っている。

 2008年に中国から贈られた際、2頭の間にはすぐに二世が誕生するものと期待されていた。(c)AFP
posted by 八方美人 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

小児がんで死亡の米少女、家中に隠した家族へのメッセージが見つかる


【11月8日 AFP】小児がんの脳腫瘍(しゅよう)で死亡した米少女が、病状の悪化でしゃべることさえできなくなっていた生前の最後の日々に、自宅のさまざまな場所にノート片を隠し、妹と両親に向けて「アイラブユー」とメッセージを遺していた。

 余命わずかの6歳のエレナ・デセリッチ(Elena Desserich)ちゃんがノート片にメッセージを書きつづっていた間、エレナちゃんの両親も、エレナちゃんの妹のグレース(Gracie)ちゃんがいずれ姉の身に何が起きたのかを理解できるようにと日記をつけていた。

 それらをまとめた書籍が、10月末に米国で「Notes Left Behind(遺されたノート片)」というタイトルで出版された。書籍の利益は、エレナちゃんの両親が設立した小児がん基金「The Cure Starts Now」に全額寄付されるという。

 エレナちゃんが遺した最初のノート片は、リュックサックから見つかったという。

 その後、本棚に並べられた本のすき間や、たんすの引き出しの奥、戸棚に飾られた食器類の間、箱にしまわれた写真の間などから次々と見つかった。ノート片にはどれも「アイラブユー。ママ、パパ、グレースへ」と書かれていたという。

 父親のキース(Keith Desserich)さんは、地元オハイオ(Ohio)州シンシナティ(Cincinnati)のテレビ局WLWTに対し、「それからずっと探し続けているけど、今でもまだ新しいノート片が見つかるのです」と語った。これまでに数百枚のノート片が見つかっているという。

 キースさんと妻のブルック(Brooke)さんは、未開封のノート片をそれぞれ1枚ずつしまってあるという。

 キースさんは、「読んでいないノート片が少なくともまだ1枚ある、という様に考えていたいんだ」と語った。(c)AFP

切ないですがいい話です
posted by 八方美人 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

次世代電力計「スマートメーター」にプライバシー侵害の問題が浮上


【11月8日 AFP】通信機能を持ち定期的に家庭の電気使用量を電力事業者に自動送信する高機能の電力計「スマートメーター」。家庭の省エネ対策に役立つとされ、世界各国で設置する家庭が増えつつあるが、スペイン・マドリード(Madrid)で4日から3日間にわたり開かれていたプライバシー問題に関する会議「Future of Privacy Forum」で、こうしたスマートメーターによるプライバシーの侵害という新たな問題点が専門家らにより指摘された。

 スマートメーターの利用により、電気事業者は各家庭に、電気料金が安くなる電気製品の使い方をアドバイスできるようになる。その一方で、電気の使用量や使用時間の情報からその家庭の習慣、つまり食事時間や就寝時間、テレビを見る時間なども電気事業者に把握できてしまうと、同会議に出席したセキュリティ専門家らは懸念する。

 今後数年で電気自動車の利用者が増加すると予測されているが、スマートメーターの利用により、家庭以外での行動に関する情報を収集することも可能になると専門家らは考えている。

 電気事業者が各家庭の習慣に関するデータを企業のマーケティング担当者に売り、企業がその習慣に合わせた広告を出すために情報を利用する可能性もある。たとえば夜中に何度も電気を付けたり消したりするという電気使用記録から、就寝中に何度も目を覚ます人がいることが分かれば、その人は安眠を促進する商品の広告のターゲットになるという訳だ。
 
 スマートメーターの利点は欠点をしのぐとみているある専門家は、「本当に危険なのは、危険があるということを人びとが理解していないということだ」として、悪用を防ぐため、電気使用に関するデータの再販を規制する法律の制定を提案している。

 米国ではすでに800万世帯にスマートメーターが設置されており、2012年までには5200万世帯に設置されると米政府は予測している。また欧州議会は4月、2020年までに電気利用者の80%がスマートメーターを設置することを目指すエネルギーに関する包括政策案を可決した。欧州で最もスマートメーターが普及しているイタリアでは、全世帯の85%に設置済みだという。(c)AFP/Daniel Silva
posted by 八方美人 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

美姫、逆転V!ファイナル進出決定/フィギュア

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯第2日が7日、長野市ビッグハットで行われ、女子シングルで安藤美姫(21)=トヨタ自動車=がフリーで1位となり、合計162.55点で逆転優勝した。安藤はロシア杯に続いてのGP制覇となり、五輪代表選考対象のGPファイナル進出を決めた。SP首位のアシュレイ・ワグナー=米国=が2位。SP3位の中野友加里(24)=プリンスホテル=は4位だった。石川翔子(19)=明治大学=は10位だった。

【写真で見る】フリーで逆転!NHK杯初優勝の安藤美姫

 女子ショートプログラム(SP)2位からの安藤は、フリーで1位となり、NHK杯初優勝。安藤は「すごく緊張して、ジャンプのミスも多かったんですけど…皆さんの声援が優勝を導いてくれました。ありがとうございます。もっと練習を積んでファイナルに臨みたいです」と優勝インタビューで笑顔でコメントした。

 SP1位のワグナーはフリーで点が伸びずに合計155.99点。安藤はジャンプのミスが重なるも、演技点で稼ぎ合計162.55点で逆転。10月のロシア杯に続くGP2連勝となり、12月に東京で行われるGPファイナル進出を決めた。

 GPファイナルでの日本人メダリスト最上位選手は、来年2月のバンクーバー冬季五輪代表に決まる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091107-00000527-sanspo-spo

安藤美姫選手、さすがですね
posted by 八方美人 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブリトニーの豪州ツアーで論議、録音音声の使用を告知すべき?


【11月7日 AFP】米人気歌手ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)が6日から開始するオーストラリア・ツアーをめぐり論争が巻き起こっている。一部の歌で事前に録音した音声を使う予定なら、その旨を来場者に事前告知するべきだとニューサウスウェールズ(New South Wales)州の消費者保護当局者が主張したためだ。

 同ツアーの開始前、「公演の一部は口パクライブになる」と国内メディアが報じたことを受けて、同州のバージニア・ジャッジ(Virginia Judge)公正取引局長は地元紙デイリー・テレグラフ(Daily Telegraph)に、「ライブとは生の歌声を聞くという意味だということをはっきりさせておきたい。 観客は200オーストラリア・ドル(約1万6500円)も払うのだから、プロモーションビデオ以上のものを楽しむ権利があると思う」と述べた。

 同局長によると、ニューサウスウェールズ州政府は、ショーで録音音声を使用することを観客に知らせる免責事項を公演のチケットに記載するといった対応が望ましいと考えているという。局長自身はスピアーズが悪いとは思っていないが、「コンサートの観客はコンサートで生の歌声を聞けるかどうかを知る権利はあると思う」と語っている。(c)AFP
posted by 八方美人 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

脳が収縮する奇病の赤ちゃん、新薬で奇跡的な回復 オーストラリア


【11月6日 AFP】オーストラリアのメルボルン(Melbourne)の医師団が5日、脳が収縮する奇病にかかり瀕死の状態にあった赤ちゃんに、まだ動物実験の段階の新薬を投与したところ、わずか3日間で奇跡的な回復を遂げたと発表した。

「ベビーZ(Baby Z)」と呼ばれているこの赤ちゃんは、2008年5月に誕生した。脳が収縮して有毒な亜硫酸塩が蓄積する遺伝的なモリブデン補欠因子欠損症を発症し、生後60時間後には激しい発作に見舞われた。この病気はオーストラリア人100万人のうち1人の確率で発症するもので、発症すると通常数か月で死に至るという。

 ベビーZの命を救うため、家族は生化学者ロブ・ジャネロ(Rob Gianello)氏に助けを求めた。その後、ベビーZの主治医アレックス・ベルドマン(Alex Veldman)氏によると、ジャネロ氏はある開発中の新薬を見つけ出した。ドイツのギュンター・シュワルツ(Gunther Schwarz)氏が開発した薬で、マウスを使った実験では効果があることが確認されていたが、まだ人間に用いられたことはなかった。

 ベビーZの容体が刻一刻と悪化していたため、この薬がシュワルツ氏によりドイツからメルボルンに空輸されると、医師団は早急に病院の倫理認可と法的な使用承認の手続きを行った。

 その後ベビーZに新薬が投与されると、数時間後には亜硫酸塩のレベルが3分の2以上下がり、3日以内には通常レベルになった。「一か八かのかけだった。治療を受けなかった場合、娘は苦しみながら死ぬことになった」と、母親は語っている。

 ベルドマン氏によると、ベビーZは薬の投与後、筋肉のけいれんがすぐにおさまり、3週間後には発作も90%減ったという。「驚くべき回復の早さだ。今回この薬を初めて人間に用いたが、将来的に全世界の(同じ疾患を持つ人たちの)命を救える可能性もある」と同氏は語っている。

 ベビーZは現在18か月で、脳にダメージを与える疾患のため発達が遅れていたが、治療を受けた後は話しをするようになり、行動も活発になったという。(c)AFP/William West

ラベル:ベビーZ
posted by 八方美人 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。