最近の記事

2010年01月04日

米SF大作『アバター』、世界興収10億ドルを突破 史上最速


米SF大作『アバター』、世界興収10億ドルを突破 史上最速
2010年01月04日 10:21 発信地:ロサンゼルス/米国

クリッピングする拡大写真を見る写真をブログに利用する米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)で行われた米映画『アバター(Avatar)』の試写会会場に置かれたポスターと3Dメガネの回収箱(2009年12月17日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Frazer Harrison
関連写真1/1ページ全1枚




スライドショーを見る【1月4日 AFP】最新3D技術を駆使した映像が話題の米SF映画『アバター(Avatar)』が、史上最速記録となる公開後わずか17日で、世界興行収入10億ドル(約930億円)を達成した。

 映画興行成績を調査する「Exhibitor Relations」のチャド・ハーティガン(Chad Hartigan)氏によると、『アバター』の興収は3日付で北米で3億5200万ドル、海外で6億7000万ドルを達成。合計で10億ドルを突破した。

 歴代興収記録では現在のところ3位だが、この勢いが続けば、第1位の『タイタニック』、同2位の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(The Lord of the Rings: The Return of the King)』を抜いてトップとなることはほぼ確実と同氏は予測している。

『アバター』は『タイタニック(Titanic)』のジェームズ・キャメロン(James Camerons)監督の最新作で、20世紀フォックス(20th Century Fox)が史上最高の5億ドル(約460円)を投じて制作した大作。(c)AFP

すごい記録です


posted by 八方美人 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。